ひ to り go と

Dock で Command ドラッグ

MacSoft

Dock のアイコンって Command キーを押しながらドラッグすると実ファイル扱いになる。大昔からある裏技。

これが一番役に立つのは AppleScript を書くとき。用語辞書を見たいアプリケーションがあったらそのまま Script Editor のアイコンにドロップすればいいのだ。便利!

表面上はシンプルで理想的な形/配置にしつつ、実は見えないところに近道を用意してくれている Apple が好きだ。

例えば iOS の戻るボタン。スクリーン左上、現在のタイトルの左隣に戻るボタンがあるのは理論的にはいい位置であり、スクリーンの中に描画されるから戻る先のタイトルも含むことができる。それでも繰り返し使うには指から遠くて押しづらい。そこでスクリーン左端からフリックする近道が用意されていてしかもわかりやすいアニメーション付き。これは最初からスクリーンの下に戻るボタンを配置する Android のアプローチより個人的には好き。好みは分かれそうだけれども。

そういえば Lion で登場した Launchpad が惜しい。検索機能が追加された Mountain Lion 以降便利に使っているけど、アイコンを Command クリックしても Finder に表示できないのが地味に不便なのだ。Yosemite になっても実装されていない。こういう部分は忘れない会社であってほしいと思う。

Share

(参考になったらぜひ。記事を書くモチベーションの向上に役立てます。)