100 円の部品交換で MacBook Pro のクリックボタンを修理

MacHard

またトラックパッドの話。どうも世の中“タップでクリック”派の声が大きいようで「物理クリックなんて使わないからなくなってもいい」なんて声をときどき耳にするからしつこく何度も書くけど、自分はカチッと押し込まないと気が済まない物理クリック派。細かい操作を繰り返すにはこれがないと困る。

それはさておき今日の主役は 2010 年に購入した 13 インチの MacBook Pro(→ 2010.5.1)。Retina ディスプレイを搭載するまえのユニボディ MacBook Pro はそこそこ性能があって内部の部品交換も簡単できるから何年も実用的に使えるいいマシンだ。今もサブマシンとして活躍している。

とはいえ長く使っていると劣化する部分は当然あるわけで、使うたびに何百回とクリックするトラックパッドのボタンはだいぶ反応が悪くなった。押すとカチッと音はするけど、そこからさらに強く押さないとクリックとして認識されなくなってしまったのだ。

トラックパッドのクリックボタンの修理は経験がある。それは Magic Trackpad だったけど(→ 2014.10.12)数ヶ月経った今でも問題なく使えている。あのときはドーム型のバネの劣化が原因で、それを曲げ直したら直ったのだ。同じ時期に同じ会社が設計しているし似たような構造だろう。今回も同じ方法で直るといいな。

以下、いろいろと Apple が保証していないことをするのでやるなら自己責任で。安全に直したい人は Apple Store に持ち込んで高い修理代を払いましょう。

→ 続きを読む

Dock で Command ドラッグ

MacSoft

Dock のアイコンって Command キーを押しながらドラッグすると実ファイル扱いになる。大昔からある裏技。

これが一番役に立つのは AppleScript を書くとき。用語辞書を見たいアプリケーションがあったらそのまま Script Editor のアイコンにドロップすればいいのだ。便利!

表面上はシンプルで理想的な形/配置にしつつ、実は見えないところに近道を用意してくれている Apple が好きだ。

例えば iOS の戻るボタン。スクリーン左上、現在のタイトルの左隣に戻るボタンがあるのは理論的にはいい位置であり、スクリーンの中に描画されるから戻る先のタイトルも含むことができる。それでも繰り返し使うには指から遠くて押しづらい。そこでスクリーン左端からフリックする近道が用意されていてしかもわかりやすいアニメーション付き。これは最初からスクリーンの下に戻るボタンを配置する Android のアプローチより個人的には好き。好みは分かれそうだけれども。

そういえば Lion で登場した Launchpad が惜しい。検索機能が追加された Mountain Lion 以降便利に使っているけど、アイコンを Command クリックしても Finder に表示できないのが地味に不便なのだ。Yosemite になっても実装されていない。こういう部分は忘れない会社であってほしいと思う。