最高の卓上音楽プレーヤーは第三世代 iPod だと思う

MacHard

突然だけど告白。第三世代 iPod が好きだ。多くの人には“Apple 黒歴史”として見られる iPod 3。人々の評価が低い理由はわかるけど、それは歩きながら使う携帯音楽プレーヤーとして。卓上で使う場合は話が違ってくるのだ。

→ 続きを読む

MacBook Pro Retina (Mid 2012) の SSD 強化:準備編

MacHard

3 年前に購入した Retina ディスプレイ初搭載 Mac である MacBook Pro 15" Mid 2012→ 2012.11.3)は今でも大切なメインマシン。ディスプレイ大きくてきれいだし、持ち運びもしやすいし、処理速度も不満なし。...というのは前にも書いた通り。

そういえば発売当初は「ディスプレイ解像度に対して処理性能が不足していて動作がぎこちない。Mac に Retina ディスプレイなんてまだ早かった!」という声を聞いたけど、それは当時の OS X でよく使われていた描画方式が主な原因。効率が悪くて、例えばスクロールビューで 1 ピクセルスクロールするたび新たに露出した部分を Core Graphics が CPU で描画するようなものだったのだけど、OS X のアップグレードが進むにつれ iOS 風に Core Animation(CALayer)を上手く使うように変更されていき改善した。ある程度の量をレイヤーにまとめて描画しておきそれを GPU が何度も再利用するようになったのだ。そして OS X 10.11 El Capitan ではその部分も高速化される。現在使われている OpenGL よりも Mac に特化して無駄の少ない Metal を使うようになるためだ。

トラブルが発生しない限り長く使えそうなこのマシン。円安の今では考えられないあの値段で購入しておいて本当によかった。...けれども一点だけ、内蔵しているフラッシュストレージ(SSD)の容量については 256 GB ではなく 512 GB のものを選択すればよかったという思いだけはずっと引きずってきた。いつも空き容量が 10 GB を下回っていて苦しい。容量ギリギリで使っていると SSD の寿命にも悪影響だし、さすがに交換を考えなければ。

→ 続きを読む

100 円の部品交換で MacBook Pro のクリックボタンを修理

MacHard

またトラックパッドの話。どうも世の中“タップでクリック”派の声が大きいようで「物理クリックなんて使わないからなくなってもいい」なんて声をときどき耳にするからしつこく何度も書くけど、自分はカチッと押し込まないと気が済まない物理クリック派。細かい操作を繰り返すにはこれがないと困る。

それはさておき今日の主役は 2010 年に購入した 13 インチの MacBook Pro(→ 2010.5.1)。Retina ディスプレイを搭載するまえのユニボディ MacBook Pro はそこそこ性能があって内部の部品交換も簡単できるから何年も実用的に使えるいいマシンだ。今もサブマシンとして活躍している。

とはいえ長く使っていると劣化する部分は当然あるわけで、使うたびに何百回とクリックするトラックパッドのボタンはだいぶ反応が悪くなった。押すとカチッと音はするけど、そこからさらに強く押さないとクリックとして認識されなくなってしまったのだ。

トラックパッドのクリックボタンの修理は経験がある。それは Magic Trackpad だったけど(→ 2014.10.12)数ヶ月経った今でも問題なく使えている。あのときはドーム型のバネの劣化が原因で、それを曲げ直したら直ったのだ。同じ時期に同じ会社が設計しているし似たような構造だろう。今回も同じ方法で直るといいな。

以下、いろいろと Apple が保証していないことをするのでやるなら自己責任で。安全に直したい人は Apple Store に持ち込んで高い修理代を払いましょう。

→ 続きを読む

Apple Pro Speakers の現役復帰

MacHard

iMac G4 を復活させたのと同時に付属の Apple Pro Speakers を机の上に取り出したのだけど(→ 2015.3.26)長い時間眠っていただけあってさすがに鏡面のコーンは濁ってしまったし、その周囲も黄ばんでしまっていた。

せっかくの機会なので掃除してみることにする。

→ 続きを読む

ピカピ CAN で身の回りの金属製品をピカピカに磨く

MacHard

iMac G4 のハードディスクを交換したとき(→ 2015.3.23)本体を寝かせる必要があったのだけど、正面にある鏡面アップルマークを保護していなかったので細かい傷がついてしまった。使用中に目に入るので少し気になる。

この iMac の登場した時代の前後あたりから、iPod の裏面もそうだけど Apple 製ハードウェアの筐体に鏡面の金属がたびたび採用されている。最近でもステンレスボディの Apple Watch が鏡面だ。独特の存在感を放って美しいけど、長年使うとどうしても表面に細かい傷が増えたりして輝きを失ってしまう。

そういえば iMac のほかにも使っているうちに濁ってしまった金属製品がいくつもある。全部磨いてピカピカにしたら気持ちいいに違いない...! いい機会なので金属磨きをホームセンターで買ってきた。

→ Amazon.co.jp:アサヒペン 金属みがき ピカピカン 70G

研磨剤などが染み込んだ綿を缶に詰め込んだ、金属磨きのための製品。特徴的なのが、使う分だけ手でちぎって使用後はそのまま捨てられること。汚れた布を洗ったりして保管するのは手間がかかるのでこれはすばらしい。

早速、磨いてみることにする。製品によっては汚れたりメッキが剥げたりなどリスクはあるので、何を磨くのかは缶の説明書きを読んでよく考えた上で自己責任で。

→ 続きを読む

iMac G4 の HDD を交換したら別物になった

MacHard

iMac G4 のハードディスクを交換した。人間の頭蓋骨の上半分を切り取って手術しているような恐ろしい光景なので、苦手な人に配慮して分解中の写真はなし。(撮り忘れた!)

また特殊ドライバ(中華)が活躍。T10 とか T15 のネジが使われているのだ。下の写真に写っているのはもともと入っていた方のハードディスク。

→ 続きを読む

オレンジのゲームキューブコントローラを復活させる

MacHard

“ゲームキューブ”は任天堂が 2001 年に発売した家庭用ゲーム機。
「取っ手が付いていてキューブ型」という本体には Apple 好きとしてもなんとなく親しみを感じるし、片手で掴める直径 8 cm のディスクはとても扱いやすくて好きだった。Wii で普通のサイズになったのが残念。シェアが低かったけど「任天堂ゲーム機では任天堂製ゲームしか遊ばない」という自分にとっては何の問題もなかった。

当時の任天堂ハードは丈夫で長持ち。発売当初に購入した本体はいまでも問題なく起動してゲームを動かしてくれる。とはいえほぼ同時に入手したオレンジカラーのコントローラは、スティックがユルユルになってしまったし加水分解してベトベトである。

→ 続きを読む