Timinder 1.1

Products

数分先から数日後の用事まで。タイマーとリマインダーが一つになった iPhone App "Timinder"、バージョン 1.1 をリリースしました。公式ページはこちら

  • “設定”パネルを追加。
  • “一日のはじまり”を設定できるようになった。6:00 AM にセットすると、明日の早朝(12:00 AM - 5:59 AM)のリマインダーが“今日”のグループに表示されます。
  • “表示するリスト”を設定できるようになった。不要なリストを隠すことができます。さらに、リストを編集したり、新しいリストを作成することも可能。
  • “完了済みのリマインダー”パネルを追加。すでに完了したリマインダーを表示、検索できます。
  • いくつかの問題を修正。

メジャーアップデート記念に、13 日までフルバージョンへのアップグレードが無料になります。この機会にぜひ。

Timinder:くるくるタイマーとリマインダー

Products

App Store に並んでから 1 週間ほど経ってしまったけど、まだここには書いていなかった。
新しい iPhone App、"Timinder" をリリースしました!紹介ページにはビデオもあります。

ちょっと覚えておきたい 2, 3 分〜数時間先の用事、あらかじめメモしておきたい数日後の予定を 1 つの画面で見やすく管理できたらいいなと思って作った、タイマーとリマインダーを一つにした App。なので名前も Timinder(ティマインダー)。

→ 続きを読む

ZMHistoryPanel 1.0.1

Products

ZMHistoryPanel のバージョン 1.0.1 をリリース。今回の変更は Sketch への対応。

同じ操作を繰り返したときにその数だけ取り消しアクションが記録されると、直前の(とユーザが思っている)状態に戻りたいと思っても何度も取り消しを繰り返さなければいけない。

Cocoa の NSUndoManager はそのための対策がある。-[NSUndoManager setGroupsByEvent:] で YES を渡しておけば NSRunLoop のモードの仕組みを使用して自動的にまとめてくれるのだ。オブジェクトをドラッグして移動してもマウスが 1px 動くごとに取り消し回数が増えるのではなく、マウスボタンを押してから離した時点までが一つのアクションとして記録される。

しかしそれでも十分ではない。矢印キーをポンポンと押してオブジェクトの位置を移動したときなどはイベントの固まりがそれぞれ独立しているため、前述の仕組みは通用しない。

調べてみると時差のあるアクションを上手くまとめる実装方法はいくつかあるようだけど、例えば Cocoa 標準のテキストビューである NSTextView では一文字打つごとに取り消しアクションが記録されると実用的ではないのでイベント発生時間などを考慮しながらほどよくグループ化する仕組みがあるみたい。

Sketch のようなドローソフトではまさにそんな工夫が必要な部分が多い。このプラグインのバージョン 1.0 が Sketch と相性が悪かったのは、Sketch が NSUndoManager そのもの(のサブクラス)を拡張してグループ化の仕組みを入れていたためだった。

今回のバージョンでは Sketch で自然に使えるようにできるだけ対策してあるけど、取り消し/やり直しを何回かしているとリストのアクションが増えたり減ったりしてちょっと混乱する。こういう理由なので、気にしないようにしてください。

ZMBorderlessToolbar 1.0

Products

昨日の勢いでもう一つ SIMBL プラグイン。ツールバーのボタン部分の描画をスキップする ZMBorderlessToolbar をリリース。

OS X 初期はどのツールバーにもアイコンが直接並んでいた。細部まで書き込まれた半リアルのアイコンはカラフルで美しかったけど、OS X がまだ Jaguar だった頃に Safari Beta が登場してからはシンプルな形状のブラック単色のアイコンが統一された角の丸いボタンに包まれて使われることが多くなった。
(今でもカラーを持つアイコンは使われていて、それぞれどう使い分けられているのかという分析は 1024 さんの記事が詳しい。)

ボタンの枠は押せることをユーザに認識させる重要な役割があるけど「膨らんだツールバーの上に刻まれた見た目のものがあればそれは押せるだろう」ということなのか、Reeder などのアプリケーションはツールバーボタンの枠を省略するようになった。iTunes や iPhoto などの Apple 製アプリケーションも最近はそうなっている。

だから次の OS X では全体的にそうなるのではないかと予想したのだけど、Mavericks では従来のまま変化がなかった。

そこでこのプラグイン。ボタンがツールバー上にあるときだけ枠の描画をスキップするのだ。

一部実装上の関係で位置やサイズのバランスがおかしくなるけど、なかなかすっきりする。

実はこのプラグインは半年以上前に完成していてずっと使ってきたのだが、これに慣れると枠だらけのツールバーはだいぶ複雑に見えてしまう。

ZMHistoryPanel 1.0

Products

Pixelmator を使ってみて Photoshop より不便に感じることはいくつもあるけど、そのうちの一つがヒストリーパネルが存在しないことだった。

Pixelmator Team がヒストリー機能を追加するつもりなのかわからないし、勝手に SIMBL プラグイン作って解決できないかなと思ってやってみたらできてしまった。

アプリケーションにヒストリーパネルを追加する SIMBL プラグイン、ZMHistoryPanel をリリース!今回は ScreenFlow でビデオも作成。

→ 続きを読む

ZMGoogleCSS 2.0.1

Products

Google の仕様変更に対応した ZMGoogleCSS 2.0.1 をリリース。

最近の Google はいろいろ試行錯誤してる。今回の変更で矢印キーの挙動が普通のスクロールに戻ったのがうれしい。

ZMGoogleCSS 2.0

Products

Google の仕様変更が大きすぎてしばらく開発を休止していた ZMGoogleCSS だけど、一から作り直してバージョン 2.0 として復活させることにした。

今回もいろいろといじってある。Safari RSS 風なサイドバー、フォーカスリングのある検索フィールド、選択のしやすい Goooooogle など。自分には不要かつ邪魔なので隠すようにしたものも多く、左上の "+あなた"、検索ボタン、サイドバーの地域設定などが表示されなくなる。サイドバーもマウスが乗っていないときは薄くなるので邪魔にならない。

これに影響されてユーザスタイルシートを作る人が増えるといいな。