“ひ to り go と” = zumuya の人が記事を書く所

“ミニがこんな力を持つなんて。”

MacHard

新しい iPad mini が出たので迷わず購入。mini 4 を何年も使ってきたが(→ 2017.9.10)待つことを諦めかけたタイミングでようやく登場したのだ。

...いや、仕様を見るまで迷いはあった。mini に関してはずっと「安い液晶パネルに変更される」という噂を聞いていたし、このサイズで性能を上げすぎると Apple が本当に売りたい高級 iPhone にとって邪魔な存在になるため、廉価版モデルとしての立ち位置を強めるのではないかと心配していたのだ。

→ 続きを読む

シンタックスハイライト

Site

“ひ to り go と”は技術ブログとかではなく“机の上系情報サイト”のつもり1なのだがコードを扱う記事も増えてきた2のでシンタックスハイライトを導入。

こういう誰にでも需要があるものは高機能なライブラリがいくつも存在するけど、まずはシンプルで軽量な highlight.js を採用することにする。行番号を表示したりはできないから必要があればそのうち強力なものに乗り換えるかもしれない。


  1. 本当は写真を載せた賑やかな記事を増やしたい。 ↩︎

  2. コードを貼ると長い記事を書いたような錯覚で簡単に満足感を得られるからついつい書いてしまう。 ↩︎

トクサツガガガ

Others

『トクサツガガガ』がよかった。特撮ヒーロー好きな OL が隠れオタクとして生きていくという話の漫画を NHK がドラマ化したもの。

題名の通り特撮ヒーローを軸に話が進むが、全体を通して“好きなもの”に対する気持ちや向き合い方をテーマにしていて、周りに同じ趣味の仲間がいない孤立感とか、「その年齢/性別でそんな好みの人いるはずない」という周囲の決めつけ1とか、その中でも仲間を発見できたときのわくわくとか...隅から隅まで共感できる作品だった。

おまけに名古屋制作だから見覚えのある風景がたくさん登場するのでそういう意味でも楽しい。撮影現場目撃できたらよかったのに2

栄での“トクサツガガガ展”はもちろん見てきました3。劇中に登場するたくさんの小道具に匠の技を感じる...

重量感あふれる等身大エマージェイソン
中村区ならぬ“仲村”区の会社
※ すべて架空の作品
マニアにはたまらない高級フィギュア

  1. ランドセルのエピソードなんてほとんど似たような経験があるので身に沁みた。 ↩︎

  2. ちなみに NHK 名古屋制作のドラマというと“名古屋仏壇物語”のロケを見たことがある。相棒でおなじみの輿水脚本だと後から知った。 ↩︎

  3. 緊急ファンミーティング(みんなで最終回を見よう!)というイベントも開催されたものの 3,000 人以上の応募があったらしく残念ながら落選... ↩︎

© 2005-2019 zumuya