ディスクを取り出しできないときは Disk Utility を使うと...

MacSoft

Finder でディスクを取り出そうとするとそのディスクは使用中だと怒られて拒否されることがある。

そのダイアログには「1 つ以上のプログラム」とか書かれているだけで具体的に誰を終了すればいいのかわからずに困ってしまう。急いでいるときにこれが出ると悩ましいよね。

そんなときは Terminal で lsof コマンドを使って調べる方法があるけど、最近の macOS だと Disk Utility を使って取り出しすると教えてくれる可能性がある。

→ 続きを読む

NeXTSTEP のアイコンを描いた人 - Keith Ohlfs

MacSoft

Mojave で___がなくなって寂しい。個人的には Happy Mac がなくなったとき以来の寂しさだ1。なんだと思う?

正解は Grab。OS X 初期からいつだってユーティリティフォルダの中にいる。Mojave でついに Screenshot というアプリケーションに書き換えられてしまった。

え、そもそもキーボードショートカットを使うからどちらも必要ない? ...まあ自分もそうで起動することなんて滅多にないのだけど、当初から見た目も機能もほとんど変化していないこのアプリケーションには逆に貴重な歴史的遺産が含まれている。実のところ Grab は OS X 初期どころか NeXTSTEP 時代からの存在であり、その頃に描かれたアイコンをそのまま眺められる最後の生き残りだったのだ2

例えばこのカメラアイコン:

今になって見ると色数が少なく HiDPI 非対応、光源が左上で明らかに異質なのだけど、当時のほかの OS のアイコンと比較すると輪郭線が目立たず階調を増やして立体的に表現されていて重みすら感じられる。のちに登場する Mac OS 8 のプラチナアピアランスのアイコンよりもむしろ Mac OS X のリアルなアイコンと方向性が近いのではないだろうか。

今日はこのアイコンを描いた人の話。Flurry の記事(→ 2017.12.12)と同様に藤シローさんの maclalala を思い出しながら翻訳っぽいものを挟んでみる。

→ 続きを読む


  1. 起動音は昔から無効にしていたからそこまででもない。 ↩︎

  2. 隠された NSImage.Name とかシステムの奥深くのファイルを探ればまだあるかもしれないけど、一般ユーザに見える部分としての話。数少ない生き残りも Retina ディスプレイのために作り変えられて消えていった。 ↩︎

スクリーンショットを HEIF で保存

MacSoft

スクリーンショットの保存形式を変更する方法は割と有名だけど、ここで指定すれば HEIF だっていけるのではないのかと思いついて試したらできた!

ターミナルで以下を入力して実行するだけ。

defaults write com.apple.screencapture type heic

もちろん High Sierra 以降。やるなら自己責任で。

Retina ディスプレイになってから保存されるスクリーンショットのファイルサイズが巨大なのでとても効果がありそうだ。

→ 続きを読む

Flurry を作った人 - Calum Robinson

MacSoft

突然だけどスクリーンセーバの話。

液晶ディスプレイが普及して焼きつきの心配から解放されたし、OS X 10.5 Leopard ぐらいでホットコーナーで気軽にディスプレイだけをスリープできるようになってからはスクリーンセーバなしでそればかり使っていたのだけど、最近、以下の理由で回帰したのだ。

  1. iMac の 5K ディスプレイで(自分の個体では)しばらく同じ表示をしているとその部分の残像がうっすらと残ってしまう。液晶でも高解像度になると焼きつきやすいらしい。ブラウン管みたいに永久に残るわけではないけれども。
  2. DVI 接続の頃は問題なかったけど、HDMI や DisplayPort になってから外部ディスプレイが一瞬でも消灯状態になると復帰に何秒も待たされるようになってしまった。

1 は軽い症状なので我慢できるけど、2 がひどく気になる。解決策があれば教えてもらいたい。

それで、最近使ってるスクリーンセーバは Flurry。結局ここに帰ってきた。

Flurry といえば Mac ユーザでなくてもどこかで目にしたことがあるぐらい、OS X が登場して以来 Mac の顔の一つだ。シンプルだけど美しく、見ていて飽きない。というか当時から何も変わっていないのに 2017 年の Mac でも古く感じないセンスがすごい。

しかし、実はこの写真に写っているのは Windows の画面。Flurry には “Windows 移植版”があるのだ。

移植版?? クローンではなく...? Apple がわざわざそんなものを作るの!?

→ 続きを読む

小・中学生男子が喜ぶ AppleScript

MacSoft

あらかじめ “アクセシビリティ”システム環境設定 > “スピーチ” > “システム音声” > “カスタマイズ” で、Kyoko と Otoya の音声を使用可能にしておいてください。

set aStr to "あいうえおかきくけこさしすせそたちつてとなにぬねのはひふへほまみむめもやいゆえよわをんがぎぐげござじずぜぞだぢづでどばびぶべぼぱぴぷぺぽ"
set aList to characters of aStr

repeat with i in aList
    set sayText to i & "んこ"
    say sayText using "Otoya"
    say sayText using "Kyoko"
end repeat

2017 年最初の記事がこんなものでいいのだろうか...

参考コード:

Dock で Command ドラッグ

MacSoft

Dock のアイコンって Command キーを押しながらドラッグすると実ファイル扱いになる。大昔からある裏技。

これが一番役に立つのは AppleScript を書くとき。用語辞書を見たいアプリケーションがあったらそのまま Script Editor のアイコンにドロップすればいいのだ。便利!

表面上はシンプルで理想的な形/配置にしつつ、実は見えないところに近道を用意してくれている Apple が好きだ。

例えば iOS の戻るボタン。スクリーン左上、現在のタイトルの左隣に戻るボタンがあるのは理論的にはいい位置であり、スクリーンの中に描画されるから戻る先のタイトルも含むことができる。それでも繰り返し使うには指から遠くて押しづらい。そこでスクリーン左端からフリックする近道が用意されていてしかもわかりやすいアニメーション付き。これは最初からスクリーンの下に戻るボタンを配置する Android のアプローチより個人的には好き。好みは分かれそうだけれども。

そういえば Lion で登場した Launchpad が惜しい。検索機能が追加された Mountain Lion 以降便利に使っているけど、アイコンを Command クリックしても Finder に表示できないのが地味に不便なのだ。Yosemite になっても実装されていない。こういう部分は忘れない会社であってほしいと思う。

OS X 10.1 との再会(3)- iPhoto も生まれたばかり

MacSoft

今日、OS X 10.10.3 がリリースされて Photos が登場した。それと同時に iPhoto と Aperture が App Store から消滅。

iPhoto はまだいいとして、Aperture が消えたのは許せんぞ。Photos ではまだまだ力不足。せめて Photos が実用的になるまでは開発(メンテナンス)を続けてほしかった。

とは言っても自分はそんなにヘビーな Aperture ユーザではない。加工や RAW 現像は別のソフトでやっていて Aperture は管理専用。どうしても欠かせないのはプロジェクト(iPhoto での“イベント”)とスタックで写真をまとめる機能なのだ。設定やアングルを微調整して同じものを何枚も撮ることってよくあると思うのだけど、最近の Apple は iPhone でオート撮影することしか考えていないのだろうか。逆に言えば、この 2 つの機能さえ追加されれば Photos に乗り換えできそうではある。

とにかく今日は、新しく追加された Photos をざっと紹介しようと思うゎない。先月始めた OS X 10.1 特集がまだ終わっていないのだ。iPhoto 1.0 について紹介するよ!

→ 続きを読む

© 2005-2018 zumuya